07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

りっち

Author:りっち
私  : りっち 38歳
夫  : 35歳
わんこ: 6歳(車椅子乗り)

2人+1匹家族で生活しています。
2011年6月入籍、2012年6月より不妊治療開始。
私は内膜症+AMH1.17(37歳時で45歳くらい)で、
夫はAIH実施中に乏精子症が発覚し、このままでは妊娠できないと考え、体外にステップアップしたいと相談した矢先に自然妊娠しました。
2014年2月に太郎(胎児ネーム)を出産予定です。

コメントありがとうございます♪

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

フリーエリア

おススメ&欲しいもの♪





義妹ちゃんの赤ちゃんにプレゼント♪



ジョージ王子と一緒かな?



かわいい~~~♪






暖かくて軽くておススメ



お腹の赤ちゃんと交信!






かわいいなぁ~


やっぱりエルゴかな~。

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コンビ】ネルームの使い心地♪

2014.04.11 12:30|ひとりごと

またまたお久しぶりでございます。

若が産まれてから初めての桜シーズンもそろそろ終わり。

私の初めての育児も、若が2ヶ月を超えたあたりから、グッとラクになってきました。


そこで、

昨年モニター当選したコンビのチャイルドシート『ネルーム』の

使い心地を書いてみようと思います♪



我が家がいただきましたのは、
NC-520 52,000円(+税) お色はダークマルーンです。

私の望みだったサンシェードが付いているので、
日差しで眠りが遮られることもありません(*≧m≦*)


DSC_8124.jpg


で、で、実はですね、、、

ネルームに練習で乗せてみた時、うまく乗せられませんでした。
店頭でネルームを触ったこともなく現品がいきなりでしたので、乗せられなくて当たり前?


このままではマズイと、トイザらスに聞きに行きました。


スイスイ操作する店員さんの操作をじーっと見て、「これならできる!」と意気揚々と帰ったものの、
いざ乗せてみると、店員さんのようにできなーい!!


IMG_2168.jpg


我が家が困ったのが、肩ベルトが伸びなかったんです。

チャイルドシートごと取れるんじゃないかと思うほど力任せに引っ張っても出てこない・・・。

主人や実母と代わる代わる引っ張っても伸びない・・・。


しかたないので若を乗せ、まーたトイザらスに行き、
店員さんに駐車場まで出てきてもらって教えていただきました。


チャイルドシートやベビーカーは、実際に自分で操作しないとダメですね~。


IMG_2167.jpg


肩ベルトだけが困ったものの、その他はさすがコンビさんです。
360度ターン、リクライニング、エッグショックと言うことありません。
乗せた若を見ていても、安心できます。



操作にも今ではすっかり慣れ、若も自分が当てたチャイルドシートに満足のようで、
乗せて走っているととーってもおとなしくお利口です♪


4才頃まで使えるので、これからもどんどんお世話になろうと思います!




カテを変更しなきゃな、と思いつつ色々考えた末、
昔からやっているブログに戻ることにしました。
http://sibuosibuko.blog.fc2.com/
こちらにこれからの若のことも書いていこうと思っていますので、
お時間があれば、遊びに来ていただければ幸いです♪
今後共よろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ商品
ジャンル:育児

生後35日目。最近のこと。

2014.03.10 18:12|ひとりごと
おっ、、、お久しぶりでございます。。。。。
ハッ!と気がつきいつから更新してないんだと思えば、1か月・・・。
我ながらかなり育児に振り回されているのを実感した次第です。

産むまでは、子が寝てる時にブログしちゃおー♪と思っていましたが、
子が寝てる時に一緒に寝てしまう高齢母な私・・・。
あれだけの期間、安静生活して寝だめしたのに、あの睡眠はどこへいったんだー!!と思うほどです。


そして最近の生活は、
夜になると寝ない息子に四苦八苦しています。。。
夜23時を超えた頃から目がランランとし、レンタルしたハイローチェアに乗せるも背中スイッチが発動。
結局抱っこしてゆらゆら~ゆらゆら~です。
あまりに寝てくれないので、母に任せて私は眠らせてもらったりも・・・・・・。

私なりに原因を探って、昨日から沐浴の時間をAMから夕方に変更してみましたが、
昨日はやはり寝ず・・・。
ま、昨日は友達が遊びに来てくれたので、神経が高ぶってたのかなぁ~とも思いましたが・・・。

なんで寝ないのかなぁ~。。。



それと私の授乳事情ですが。(どーでもいい?)

35日目だけど、未だ出が良くありません。
お乳も張りません…。
朝1の授乳で80~100ml出るのが最高で、そこから夜にかけてだんだんと減っていきます。
30分くらい吸わせて一桁しか増えていない時もあります。(デジタルスケールレンタル中)

タンポポコーヒーを飲んだり、ご飯をたくさん食べたり、
マッサージしたり、と毎日できることを頑張っていますが、息子の胃袋を満たすほどはでないんです。

これまたどうやったらでるようになるのかなぁ~。。。


悩みはつきません。




関連記事

テーマ:家族
ジャンル:結婚・家庭生活

窓の外は雪。

2014.02.08 10:51|ひとりごと



そして今日のシャワー時間は、



えっ(´・ε・̥ˋ๑)?

入っていいの?
関連記事

37w1d。出産しました!

2014.02.04 12:33|妊娠後期
遅くなりました。
予定通り、昨日14時半、無事に出産いたしました。



2404gと小さかったですが、元気な男の子です。

今日から歩行訓練開始の私、、、。
悶絶しながら歩いとります( ꒪⌓꒪)


取り急ぎご報告まで。
関連記事

37w0d。出産へ。

2014.02.02 17:55|妊娠後期
ついにきました。正期産。
そして、予定日より早いですが、
37w1dの明日、2月3日に、
帝王切開分娩をすることとなりました。

今日のブログは、
ながーーーくなってしまいました…。



33wの時、トラブルがありました。
NST中に胎児の徐脈が発生。
胎児の状態を安定させるために、私は酸素吸入を装着されてしまいました。
その後、胎児の状態がなんとか落ち着いたと思ったら先生が何やら看護師さんに指示を…
私のとこに来て、「この時点ではお腹の子の肺機能は完成されていない」と。
万が一の早産対策をするということになり、胎児の肺機能の成熟を促すため、ステロイド(リンデロン)を2日間注射するという処置がなされました。

ステロイド…と思いましたが、もう緊急事態で私はされるがまま。

自分ではこの時何が起きたのか分からず、ただ周りの慌ただしさに、大変なことが起きたんだ、赤ちゃんはどうなるの、ととても怖かった。
後から聞いた話では、この時点で先生は帝王切開の仮予約を入れていたそう。

そして、病棟トップのウテロン量(4アンプル)の点滴になり、安静度が上がりトイレ以外の行動が車椅子での移動となりました。
4アンプルの点滴に体が慣れるまでは動悸、手の震え、おまけに体が尋常ではないくらい熱くて。
常に氷枕と共に生活するほどしんどかったです。
でも、ご飯は普通に食べれたv(*´∀`*)v
食い意地の強さって怖い…


羊水も横ばいの状態、胎盤の石灰化も進み、胎児の状態は良くなったとは言え、私自身の心拍が早いため、胎児の心拍も早い。
通常140くらいが160ベースなんです。
しんどいですよね…。
陣痛ストレスが加われば200くらいいきそうです…。



こんなことがあったので、先生には、経膣分娩はリスクが高いことを説明されていました。
主人共々、帝王切開しか道はないものと思っていました。

ところがっ、

帝王切開の日にちを決めるんだろうと臨んだ35wの健診で、なんと3つの分娩方法の提案がありました。

1.普通分娩
37wになった時点で点滴を外し、自然に陣痛を待つ。
2.帝王切開
手術前まで点滴をしたまま張りを抑え、胎児に無理をさせず、分娩。
37wから保険がきかないため自費で点滴を手術日まで続行。
3.誘発分娩
37wで点滴を外し、反対に誘発の点滴で陣痛をおこし出産。


ステロイド後の胎児の状態がとても安定してる、との説明で、3択から選ぶように言われてしまい、悩むことに…。
(あ、誘発だけは、抵抗があったので実質2択で悩みました。)

さらに、
相当量の点滴を外した時点で陣痛がくるかもしれない。
それにより経膣分娩中に、胎児の心拍が乱れれば、緊急帝王切開になる。
羊水量が今より極端に減ればこれも帝王切開。

と先生は続けて話されました。


夫婦で考えた結果、というか、
33wのあの恐怖を思い出したくもなく、
今までずっと窮屈なお腹で頑張ってる子を、一番安全に産む方法として、
帝王切開をしたい、と主人に話しました。

主人も一人で考えてくれていたようです。
彼は、彼で、子供のこと、そして私のこと。


夫婦の考えも一致していた36wの健診でこのことを先生に伝え、いよいよ明日、手術を迎えるところまできました。

病院の皆さんが、
「よくここまで持ちこたえたね」
「正直37wまで持たないかと思ってた」
って声掛けてくださいます。

私って、そんなにひどい状態だったの?って感じもしましたが…。


36wに入ってからは、点滴をあざ笑うかのようにお腹が張ります。
週数的に、自然の流れには勝てないようです。



はぁ~。

突然の妊娠発覚から始まった安静マタニティライフも今日が最後。
お腹で動くこの感覚、私の中にもう一つの命があるこの不思議な感じ。
これが最後なのか…そう思うと寂しいけど、明日からは新たな家族を迎えてのスタートです。

ずっと決まらなかった名前も、ここにきてスーッと決定。
もう太郎くんは卒業です。


どんな顔してるんだろう。
どんな声で泣くんだろう。
お腹から出てきたら、どんな感じかな。


手術の不安より、やっと会える楽しみでいっぱいです。

ここの病院、帝王切開でも別部屋から主人の立ち会いが可能なゆえ、立ち会ってもらうのですがー、

何故か主人は私より緊張しています(∞ ❛ั ⊝❛ั )
眠れないらしい。。。





今までぐちぐちとトラブルを記してきましたが、
支えて下さった皆様のお陰で、様々なトラブルを乗り越えてくることができました。
本当に本当に、本当にありがとうございました。


明日、頑張ってきます!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。